ツアーナースの求人特集!! 旅行添乗看護師の募集情報はコチラ

ツアーナースの求人を探そう!

ツアーナースという言葉を聞いたことがあるでしょうか?旅行に行く際のツアーガイドならぬ看護師ということです。

 

具体的には、学生の修学旅行や会社などの団体旅行、学校や地域の行事である体験学習や自然学校、老人会での旅行などへの付き添いの看護師です。基本的には、ツアーナースを扱っている派遣会社に登録し、必要時に連絡があるということが多いようです。そのため、正社員として働くわけではなく、単発・派遣として働くという働き方になります。派遣会社に登録時は住所をを登録してあると思うので、自分の住んでいる地域から出発する団体のツアーもしくはやってくるツアーに付き添う形になるようです。どちらの形になるのかは、その団体や利用する旅行会社によって変わってくると言えるでしょう。

 

具体的な仕事としては、お分かりかと思いますが旅行中に具合の悪くなった人、けが人の対応、必要時は病院に連れて行ったり救急車を呼ぶ必要もあります。病院での仕事と比べて精神的・体力的な負担は少ないですが、何かあったときの判断を任されるので病人やけが人が出た場合の責任は大きいと言えます。添乗員がついている場合は、アレルギー製品などについては添乗員が把握しておりレストランなどにも連絡が入っていることが多いのでさほど気にすることはないようです。

 

また、持病がある人に関しての情報は旅行会社、もしくはその団体から情報が入るようです。特に、高齢者の多い団体の場合持病のある人も多く気を付ける必要があるでしょう。車椅子使用の人がいたり、小学・中学校の行事の場合自閉症などを持っている生徒がいることもあるようです。バス旅行の場合は車酔いが多かったり、スキー旅行であれば骨折をする人がいたり、学生であれば頭痛や腹痛、発熱などが多いなどと旅行の内容によっても対応する対象は変わってくると言えるでしょう。さらに、学校行事の場合は夜の教師の話し合いに参加し、その日の生徒の健康状態についての報告をすることがあるようです。

 

当たり前ですが、ツアーナースは国内のみではなく外国へ行く場合もあります。特に海外への旅行の際は資料作成や国内外用旅行カルテの作成、持病がある人の場合は医師の指示書を参考に旅行内容について参加者からの相談を受けることもあるようです。また、内服薬の国際成分名を調べ準備することも必要となるかもしれません。さらに、旅行先でアクシデントが起きた際にはもちろんその対応、必要時には病院への付き添いも必要となるでしょう。

 

ツアー看護師のメリットはなんといっても、様々な場所に行けるということでしょう。もちろん、ツアーですし基本的には1人なので自由に行動することは出来ませんし、もし病人がいれば付き添っている必要があります。労働時間は決められていますが、待機時間として24時間となっていることがほとんどでしょう。しかし多くの場合、交通費・宿泊費・食費を出す必要はありませんし、一緒に観光もできます。旅行が好きな人にとっては魅力的な仕事ではないでしょうか?ただし、yahoo!知恵袋の「添乗看護師、ツアーナースについて….」にも書いてある通り、基本的にこれだけで食べていくという考えはやめた方が無難でしょう。看護師派遣だけで食べていくという場合はやはり病院などの一般的な仕事が好ましいでしょう。